行政書士をやりながら司法試験に合格しました!

東証一部上場企業での勤務と行政書士を経て、4回目の受験でやっとこさ司法試験に合格しました。今回は、私が司法試験を合格するまでの道のりをご紹介します。

司法試験合格までの道のり

法科大学院卒業後は東証一部上場企業で勤務

 そもそも、司法試験は誰でも受験できる試験ではありません。法科大学院を卒業するか、予備試験(合格率約2%)に合格しなければ受験すらできないのです。

私は、法科大学院を卒業し、1回目の司法試験に不合格。大学院まで行かせてもらったので、親にはこれ以上迷惑をかけられないとの思いから東証一部上場企業に入社しました。
司法試験に受からずとも、法科大学院生は法務部門の適正があるため就職はそれほど難しくありませんでした。

企業での勤務はそれなりに楽しかったし充実していました。巨額のお金やたくさんの人間が動くプロジェクトに法的知識を用いてサポートすることはやりがいがありましたし、法務部門の上司や先輩は能力的にも人格的にも尊敬できる人ばかりでした。

働きながら、司法試験の勉強も続けていました。当時のスケジュールは自分でも“気合入ってる”と思います。以下、会社員時代のスケジュールをざっくりお示しします。

5:00 起床、筋トレ、身支度
6:00 電車(通勤時間も勉強)
6:30 会社のフリースペースで勉強
8:30 業務開始
19:00 業務終了、社員食堂で夕食
19:30 会社近くのカフェで勉強
22:00 電車(もちろん勉強)
24:00 就寝

平日の勉強時間は4〜5時間くらいは確保していました。その反動で土日は昼過ぎまで寝てしまいましたが(笑

このようなスケジュールで、2回目の司法試験に臨みました。結果、2回目も不合格。
正直、自殺を考えるほどショックでした。

会社の不祥事に嫌気が差し行政書士へ

司法試験2回目の不合格でショックを受けている私に、さらに追い打ちをかける事態が発生しました。
それは、会社の不祥事です。いくら自分がきちんと業務をこなしていても、世間から見れば私も“不祥事が発覚した会社の社員”です。

大多数の真面目な人間が、不正をはたらいたごく一部の人間のせいで損をしてしまう「会社」という組織に嫌気がさしました。

そんな時、何の気なしに受験した行政書士試験に合格していたことを思い出しました(行政書士試験については別の記事で詳しく書きたいと思います)。資格を活かせるし、自分の責任で仕事ができるだろうと思い、会社を退職し行政書士として働く道を選びました。

行政書士となってからも司法試験の受験は続ける

行政書士となってからも、司法試験の受験は続けました。
契約書の作成や相続の手続き等、司法試験の勉強に直結する仕事もあったので、案件によっては一石二鳥でおトク感がありました。

そんなこんなで、何とか4回目の受験で司法試験に合格。

合格発表で自分の番号を見つけた時は、嬉しいというよりホッとしたという感じで、心のつっかえがようやく取り払われた感覚でした。

司法試験の勉強を続けた理由

司法試験の勉強はとても辛いものです。一つひとつの法律論は難解ですし、覚える量も膨大。一番難しい国家資格と評されているのはダテではありません。

実際、法曹への道を諦め、法科大学院を中退したり卒業後受験を辞める人もたくさんいます。
では、なぜ私は働きながらでも受験を続けたのか?一言でいえば“意地”です。

「自分はこんな所で終わる人間ではない」、「自分が合格できないわけがない」という根拠の無い自信や負けん気が原動力になっていました。

行政書士として働いていた、というのも大きかったです。
というのも、行政書士は弁護士に比べできることが少ないのです。世間からは、“弁護士に比べれば行政書士なんて大したことないでしょ”という目で見られます。

弁護士だったらもっと色々できるのに、と歯がゆい思いをした経験は数え切れません。
行政書士の資格しか持っていない自分に対する不甲斐なさをエネルギーに変えて、司法試験の勉強を続けられたのです。

行政書士を目指して勉強している方や現に行政書士として活躍している方には失礼な言い方となってしまったかもしれませんが、これが実際に行政書士を経験した私の正直な考えです。

多くの人の役に立つ弁護士を目指す

司法試験に合格できましたが、これがゴールではありません。多くの人の役に立つ弁護士になって、社会に貢献できる存在になりたいと思っています。
そのためにも、たくさん勉強して、色々な人から刺激をもらって己の糧としていきます!

今回もお読みくださりありがとうございました。
次回は、行政書士試験と司法試験の違いについて両方受験した経験に基づいて書く予定です。またお付き合い頂ければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました